季刊誌「ふれあいの輪」

バックナンバーのご紹介

204号(2022年春号)4月1日発行

●日日 - HiBi -  Day-to-Day

平和を祈る、春―。 書家 石崎甘雨

●トップインタビュー

世界初の脊髄損傷治療手術に成功。

ips細胞を使って中枢神経の再生に挑む。

慶應義塾大学医学部

教授 岡野 栄之氏

●介護最前線

開発の最先端では、まだ見ぬ多様な介護ロボットが

出番を待っていた。

国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター

健康長寿支援ロボットセンター

センター長 近藤 和泉氏

●新しい高齢者ケアへの取組み

退院後にも専門的なリハビリを。

脳血管疾患後遺症に特化して全国展開する自費リハビリ施設。

脳梗塞リハビリセンター(東京都港区)

株式会社ワイズ

代表取締役会長兼CEO 早見 泰弘氏

●在宅ケアを支える人々『臨床心理士』

「心」のスペシャリスト。

複雑化する現代社会の人々の心にアプローチ。

公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会

顧問 瀧口 俊子氏

事務局長 木村 尚志氏

●ズームアップひと

24時間365日、緊急患者を受け入れる、往診に伺う。

特別なことをしているという意識はありません。

患者様が困っているのであれば助けるのは当たり前のことです。

茨城県大子町 慈泉堂病院

理事長 鈴木 直文氏

●トピックス 福祉用具の活用事例

電気で筋肉を刺激して緊張を緩和。

歩行トレーニングに大きな効果、『バイオネスNESS L300』

宝塚リハビリテーション病院 療法部

リハビリテーション研究開発部門長 中谷 知生氏

*メーカー担当者の声*

フランスベッド株式会社 リハビリ・医療器推進課

係長 坂本 仁志

●トピックス フランスベッド財団 年間行事予定

2022年度の行事予定

203号(2022年冬号)1月1日発行

●日日 - HiBi -  Day-to-Day

愛で、みおくる―。 書家 石崎甘雨

●財団設立30周年記念座談会抄録

これからの介護とケア。日本のホームケアはどこに向かうのか。

【座談会ご出席】

*清水 嘉与子氏

(公益財団法人日本訪問看護財団 理事長、フランスベッド財団顧問)

*白澤 政和氏

(国際医療福祉大学大学院 教授)

*辻 哲夫氏

(東京大学 高齢社会総合研究機構 未来ビジョン研究センター 客員研究員、一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会 理事長)

*服部 万里子氏。

(株式会社服部メディカル研究所 代表取締役)

*久留 善武氏

(一般社団法人シルバーサービス振興会 事務局長)

*松谷 有希雄氏

一般財団法人日本公衆衛生協会 理事長、フランスベッド財団会長)

*池田 茂

(フランスベッド株式会社 代表取締役、フランスベッド財団理事長)

●トップインタビュー

放射線療法のひとつ「重粒子線がん治療」は、体の深いところにあるがん病巣を狙い撃つ。

佐賀国際重粒子線がん治療財団

理事長 中川原 章氏

●介護最前線

介護現場のニーズを開発企業へ。

厚労省が介護ロボット開発を支援。

厚生労働省老健局 介護ロボット開発・普及推進室

室長補佐 東 好宣氏

●新しい高齢者ケアへの取組み

大学・団地・自治体が一体となって運営。

住民が気軽に立ち寄れる街角の「保健室」

藤田医科大学地域包括ケア中核センターサテライト『ふじたまちかど保健室』

藤田医科大学保健衛生学部リハビリテーション学科

基礎理学療法学 講師

理学療法士 医学博士 都築 晃氏

●在宅ケアを支える人々『在宅訪問管理栄養士』

在宅療養の継続のカギは栄養と食事。自宅を訪問して指導。

一般社団法人日本在宅栄養管理学会

理事長 前田 佳予子氏

●(公財)フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団 研究・事業助成 採用事例

2019年度(第30回)/研究助成

『地域で取り組むACP活動に、チョイスカードを取り入れることによる意思決定への影響の検証』

医療法人財団正清会 遠野はやちねホスピタル

看護師 鈴木 弘子氏

●トピックス 福祉用具の活用事例

職員の業務効率化と入居者様事故防止。

「ベッド内臓 見守りケアシステムM-2」

社会福祉法人三幸福祉会 癒しの里 西亀有

施設長 松縄 和彦氏

●トピックス 当財団常務理事の退任・就任

退任のご挨拶 前常務理事 小宅 比佐子

就任のご挨拶 常務理事 澤本美佐緒

202号(2021年秋号)の内容 10月1日発行

●日日 - HiBi -  Day-to-Day

心の距離を想う、秋―。 書家 石崎甘雨

●トップインタビュー

展開期を迎えた医療情報の電子化と活用。「ポケットカルテ」が医療サービスを変える

特定非営利活動法人日本サスティナブル・コミュニティ・センター 顧問

社会医療法人 岡本病院(財団) 京都岡本記念病院

副院長 北岡有喜氏

●介護最前線

人生100年時代の高齢者モデルルームが富士山麓にオープン

ファルマバレーセンター(静岡県)

センター長 植田勝智氏

●新しい高齢者ケアへの取組み

歩ける喜びを取り戻すにはデイサービスだけではなく、自宅での運動習慣がカギになる

機能訓練専門デイサービス「ゆずりは」(東京都)

ゆずりは事業部長 湯原啓太氏

●ズームアップひと

外科医から訪問診療医へ。在宅での死と向き合う

社会医療法人社団堀ノ内病院 地域医療センター 在宅診療科

医学博士 小堀鷗一郎氏

●在宅ケアを支える人々『医療コミュニケーター』

高齢者と医療者の情報の“橋渡し役”として活躍している医療コミュニケーター

特定非営利活動法人全国在宅医療推進協会

事務局長 田中正彦氏

株式会社日本医療企画 ヘルスケア教育・研修事業本部 教育出版・メディア開発部

課長 志村真奈美氏

●(公財)フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団 研究・事業助成 採用事例

2019年度(第30回)/研究助成

在宅療養者における口腔のサルコペニアが、栄養状態・嚥下機能に及ぼす影響について

大阪歯科大学大学院 歯学研究科高齢者歯学科

小渕隆一郎氏

●トピックス 福祉用具の活用事例

文字や物体を認識して音声で教えてくれる「オーカム マイアイ2」

視覚障害者の行動範囲を拡大

毎日新聞社 デジタル毎日 編集編成局デジタル編集グループ

ユニバーサロン編集長 岩下恭士氏