季刊誌「ふれあいの輪」

季刊誌「ふれあいの輪」最新号表紙

当財団では、季刊誌「ふれあいの輪」を年4回発行しております。在宅ケアの質を向上する内容のほか、シルバーサービス関連の従事者に役立つ情報を提供し、新しいホームケアをめざす人たちの輪を広げるコミュニケーション誌として、より豊かな高齢社会が実現するよう努めてまいります。

最新号のご紹介

【最新号】206号(2022年秋号)10月1日発行

●日日 - HiBi -  Day-to-Day

歳月という 美

ほんものだけが 放てる

美 なのだ          書家 石崎甘雨

●トップインタビュー

松戸プロジェクトの命題は、「介護予防」という社会課題を、

都市資源を使って解決することにあった

千葉大学 予防医学センター 社会予防医学研究部門

教授 近藤 克則氏

松戸市役所福祉長寿部

部長 楊井 千晶氏

●介護最前線

認知症になってもいのち輝く未来を目指し

2025年大阪・関西万博で世界からのお客様を

100万羽の折り鶴で迎えよう

ゆめ伴プロジェクトin門真実行委員会(大阪府門真市)

総合プロデューサー・介護支援専門員 森 安美氏

●知っとく!

軽度認知障害(MCI)は認知症ではない。

もとに戻る可能性もある

国立研究開発法人

国立長寿医療研究センター

もの忘れセンター

副センター長 佐治 直樹氏

●ズームアップひと 施設介護に『7つのゼロ』を提唱

施設や職員の都合で当たり前のように行われている

介護をかえたかった

特別養護老人ホーム駒場苑

施設長 坂野 悠己氏

●在宅ケア ケース事例

在宅が難しくなった認知症利用者の生活習慣を大切に取り組んだ事例

【監修】

国際医療福祉大学大学院 教授

日本ケアマネジメント学会 理事長

白澤 政和氏

【今回の事例】

社会福祉法人青山里会

第二小山田特別養護老人ホーム

相談員 永井 美帆氏

(ソーシャルワーカー 介護支援専門員)

●(公財)フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団 研究・事業助成 採用事例

令和3年度(第32回)/高齢者や障害者(児)の在宅ケア推進関連事業

『こどもホスピス』実現の第一歩して、医療機関内に「ドリームルーム」を開設

NPO法人 東京こどもホスピスプロジェクト

代表 佐藤 良絵氏

●トピックス 福祉用具の活用事例

認知症で夜が心配な人に、睡眠を支援する福祉用具がある。

『ウェイデッドHug(ハグ)ふとん』

国際医療福祉大学市川病院

訪問リハビリテーションセンター

木村 修豪氏

*メーカー担当者の声*

フランスベッド株式会社 メディカル市川営業所

お客様営業サポート係

主任 吉田 佑絵