季刊誌「ふれあいの輪」

季刊誌「ふれあいの輪」最新号表紙

当財団では、季刊誌「ふれあいの輪」を年4回発行しております。在宅ケアの質を向上する内容のほか、シルバーサービス関連の従事者に役立つ情報を提供し、新しいホームケアをめざす人たちの輪を広げるコミュニケーション誌として、より豊かな高齢社会が実現するよう努めてまいります。

最新号のご紹介

【最新号】205号(2022年夏号)7月1日発行

●日日 - HiBi -  Day-to-Day

間 ―あわひ―  書家 石崎甘雨

●トップインタビュー

介護医療院は医療と介護のハイブリッド。病院に付属する在宅施設と考えている。

社会医療法人若竹会 社会福祉法人若竹会 理事長

つくばセントラル病院 名誉院長 竹島 徹氏

●介護最前線

最期に寄り添う看取り犬の奇跡。

社会福祉法人心の会 理事長

特別養護老人ホームさくらの里山科 施設長 若山 三千彦氏

●新しい高齢者ケアへの取組み

高齢者と学生の同居を支援する。古都発住環境マッチングシステムとは。

京都ソリデール事業(京都府・建設交通部住宅課)

計画係 課長補佐兼係長 和田 由美子氏

住宅課 計画係 技師 番場 豊氏

●在宅ケア ケース事例

複数・多職種のサービスを連携させながら在宅を支援する。

〈監修〉

国際医療福祉大学大学院 先進的ケア・ネットワーク開発研究分野

教授 石山 麗子氏

【今回の事例】

特定非営利活動法人荒川 すこやかネットワーク

所長 主任ケアマネジャー 渡邊 容子氏

●トピックス 福祉用具の活用事例

いろんな手すりを組み合わせて在宅での転倒を未然に防ぐ。

『マルチフィットてすりシリーズ』

*メーカー担当者の声*

フランスベッド株式会社 メディカル横浜港北営業所

主任 黒田 修平

●トピックス 助成事業の採用案件決定!

(公財)フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団

令和4年度(第33回)研究・事業・ボランティア活動助成