ふれあいの輪

ふれあいの輪

当財団では、季刊誌「ふれあいの輪」を年4回発行しております。在宅ケアの質を向上する内容のほか、シルバーサービス関連の従事者に役立つ情報を提供し、新しいホームケアをめざす人たちの輪を広げるコミュニケーション誌として、より豊かな高齢社会が実現するよう努めてまいります。

定期購読申込み最新号のご案内バックナンバーのご案内
定期購読申込み


定期購読を希望される方は、右記必要事項を記入した申込書を同封の上、購読料として2000円【1号につき500円(送料含む)×年4回発行分】を定額小為替又は現金書留にてお送りください。到着時の最新号からお送り致します。まとめてご購入になりたい方は別途ご相談ください。


申込み書 必要記入事項

  • 氏名(よみがな)
  • 団体名(個人の場合は不要)
  • 郵便番号
  • 住所

 


申込書送付先

〒163-1102
東京都新宿区西新宿6-22-1
新宿スクエアタワー2F
TEL(03)6741-5550

公益財団法人フランスベッド・メディカルホームケア研究・助成財団
「ふれあいの輪」定期購読係

このページの先頭へ
最新号のご紹介
 









192号(2019年春号)の内容

日日 - HiBi -  Day-to-Day  
蕾という、美 ――。
  書家 石崎甘雨

■トップインタビュー
介護する人の労力を軽減する福祉用具、それがわたしにとっての介護ロボットです
  フランスベッド株式会社 代表取締役社長 池田 茂

■地域の総合力をいかし、生活支援ロボットの実用化・普及を推進!
 さがみロボット産業特区/神奈川県
   神奈川県産業労働局 産業部 産業振興課
   さがみロボット産業特区グループ
    グループリーダー 星 孝樹氏
                大貫 哲氏
 富士ソフト株式会社 プロダクト事業本部PALRO事業部
 フィールドセールス室 課長 高羽俊行氏

■動き出した遠隔医療
ITネットワークの普及で各分野で実用化が進む「遠隔医療」

「オンライン診療とオンライン服薬指導」
 〜現状と今後の方向性〜
  医療法人社団鉄祐会 理事長 武藤真祐氏

■トピックス
生活支援ロボットの開発事例

高齢者の生活に本当に必要なものは何か
地域と一体化した社会実証実験が進んでいる
 国立障害者リハビリテーションセンター研究所
 福祉機器開発部 部長 井上剛伸氏

 日本電気株式会社
 プラットフォームソリューション事業部 エキスパート
  大中慎一氏 (PaPeRo開発者)

 富山大学 大学院 医学薬学研究部 地域看護学
  准教授 中林美奈子氏

■在宅ケアを支える人々
「こんな道具がほしい!」
利用者が声をあげるから福祉機器の可能性が広がる
 一般社団法人日本リハビリテーション工学協会
  会長 沖川悦三氏
  副会長 水澤二郎氏

■トピックス
福祉用具の活用事例
変形性膝関節症用装具
人工膝関節手術しかない重症患者のもう一つの選択肢になる可能性を秘めている

「装具との適性を確認するため、装着・体験の機会を活用してほしい」
 ななくに整形外科 院長 富田篤実氏

■トピックス
研究助成・事業助成・ボランティア活動助成 募集要項
     (現在、助成金申請受付中です)

■フランスベッド財団年間行事予定

      
 
     このページの先頭へ  
       










191号(2018年冬号)の内容

日日 - HiBi -  Day-to-Day  
直してつかう。という選択 ――。
   書家 石崎甘雨

■新しい街づくりの実践
子ども・高齢者・障害者、みんな『ごちゃまぜ』だからエネルギーを生む
 
 社会福祉法人佛子園/Share金沢 理事長
 雄谷良成氏

 社会福祉法人佛子園 理事/Share金沢 施設長
 清水愛美氏

■認知症の当事者とともに奈良の都で「地域おこしを」
 SPSラボ若年性認知症サポートセンター「きずなや」
 代表 若野達也氏

■支えるのは誰?
外国人技能実習生を受け入れることで介護の現場に新しい風を
 公益財団法人国際研修協力機構(JITCO)
  総務部 企画調整課 課長代理  古賀一臣氏
  申請支援部 支援第一課 調査役  栗本康祐氏
  実習支援部 職種相談課 課長代理  川勝貴子氏
 
■高齢者の健康
訪問歯科診療で口から元気を取り戻す
 医療法人和春会洋歯科クリニック 院長 草川 洋 氏

■新しい高齢者ケアへの取組み
ご利用者のご希望に沿ったサービスの提供を…
 
 社会福祉法人慈陽会 特別養護老人ホーム元気館
 施設長 岡田玖己子氏
 
 NPO日本ダイバージョナルセラピー協会
 理事長 芹澤隆子氏

■研究・事業助成 採用事例
ロボットを認知症リハビリに活用。腕を振ることで脳を活性化
 早稲田大学創造理工学部院生  関戸郁文氏

■トピックス 財団主催の秋季研修会を開催
「2018年医療・看護・介護従事者フォーラム」in仙台

『講演 第1部』
一般社団法人全国在宅療養支援診療所連絡会
会長  新田國夫 氏
◆テーマ
「地域包括ケア2035年までになすべきこと」

『講演 第2部』
前 厚生労働省 医政局 局長  武田俊彦 氏
◆テーマ
「地域医療構想から見る在宅医療・介護の視点」
 
『シンポジウム』
地域の課題に応える多職種連携で住みよい町づくり
座長:宮城県医療ソーシャルワーカー協会
    副会長 八重樫 祐子 氏
シンポジスト:
・ 医療法人社団爽秋会岡部医院
   院長 佐藤 隆裕 氏
・ 総合南東北病院 医療福祉相談室
   主任 菊地 知憲 氏
・ 宮城県ケアマネジャー協会
   事務局長 小湊 純一 氏
・ 仙台北訪問看護ステーション
   所長 中島 ふみ 氏 

    
 
         このページの先頭へ  
           










190号(2018年秋号)の内容

日日 - HiBi -  Day-to-Day
土地の、におい ――。
   書家 石崎甘雨

■トップインタビュー
全人的な診療能力が問われる地域医療、時代はいま「総合診療」を求めている
  独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)
  理事長  尾身 茂 氏

■在宅に道をつけた若月医師
  地域医療の種はその時蒔かれた
  佐久総合病院
  診療部長 地域ケア科医長  北沢彰浩 氏

■新しい高齢者ケアへの取り組み
【看護小規模多機能型居宅介護】
訪問看護を加えて在宅における医療・介護に対応、重度化する在宅ケアを
考える
  医療法人社団つくし会 新田クリニック
  理事長  新田國夫 氏

■ズームアップひと
訪問看護の普及と地位向上に貢献
  株式会社日本在宅ケア教育研究所
  代表取締役  内田恵美子 氏

■在宅ケアを支える人々
「看取り介護」にチームで取り組む管理栄養士が人生の最期まで食事を
サポート
  社会福祉法人ひふみ会 特別養護老人ホーム「親光」
  栄養課 課長  大野真美 氏

■研究・事業助成 採用事例
みんなでつなごう!門真の輪!
    〜認知症になってもひとり歩きできる町をめざして〜
  門真市介護保険サービス事業者連絡会
  RUN伴実行委員会(大阪府門真市)

■トピックス 医療機器の活用事例
睡眠時無呼吸症候群の治療に効果的なCPAP療法
  赤坂おだやかクリニック
  理事長  西澤寛人 氏



このページの先頭へ










189号(2018年夏号)の内容

日日 - HiBi -  Day-to-Day  
受け継ぐ、眼差し ――。
   書家 石崎甘雨

■トップインタビュー
公正中立なケアプランは、ケアマネジャーの専門性を活かせる環境づくりから生まれる
  桜美林大学大学院老年学研究科 教授
  日本ケアマネジメント学会 理事長
  白澤政和氏

■支えるのは誰?
若手職員に役割と権限を持たせる、そこに介護人材不足の突破口がある
  社会福祉法人光誠会 理事長 古口誠二氏

■介護旅行で人生が変わる、生まれ変わる!
『地域包括ケア病棟』の現状を語る
  あ・える倶楽部 代表取締役 篠塚恭一氏

■新しいケアへの取り組み
高齢者の「楽しい」がここに!
自己選択・自己決定のデイサービス
  たんぽぽ介護センター 生活相談員/サービス推進課
  横井夕子氏

■トピックス1  福祉用具の活用事例
自動寝返り支援ベッドが病院・施設だけでなく在宅でも利用可能に
  フランスベッド株式会社
  メディカル東京営業部 メディカル南多摩営業所
   福祉用具専門相談員 宮ア太一
  メディカル東関東営業部 メディカル千葉営業所
   主任 木佑絵

■トピックス2
フランスベッドグループが中国南通市で、初の「福祉用具専門相談員育成セミナー」を開催

■トピックス3
(公財)フランスベッド財団 平成30年度
助成事業の採用案件決定!



このページの先頭へ

その他のバックナンバーもございますのでお気軽にお訪ね下さい。

| トップページ | 財団概要 | 助成事業 | 助成案内 | 研修・講習会情報 | 季刊誌 |個人情報保護方針 | リンク | サイトマップ | お問い合わせ |
© 2004 FRANCEBED MEDICAL HOME CARE RESERCH SUBSIDY FOUNDATION All Right reserved.